イベント情報

<<一覧へ戻る

10月1日〜「津軽海峡をめぐる縄文文化」開催のお知らせ(函館市)

10月1日から5日までの間、北海道・北東北の縄文遺跡群 世界遺産登録推進フォーラム「津軽海峡をめぐる縄文文化」が函館市で開催されます。

hakodate_jomon_omote image-1

PDFダウンロード>>>(表面(1MB)/裏面(725KB)

1.北の縄文パネル展2014秋・函館
10月1日から4日までの4日間函館ショッピングセンターポールスターにて「北の縄文パネル展」が開催されます。

  • と き 2014年10月1日(水)〜4日(土)10:00〜21:00
  • ところ 函館ショッピングセンター ポールスター(函館市港町1丁目2-1)
  • 内 容
    世界遺産登録をめざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」の解説パネルを展示します。
    最終日の10月4日には北の縄文クイズコーナーと、北の縄文セミナーを開催予定です。
    ○北の縄文セミナー(道民カレッジ連携講座)
    と き 2014年10月4日 13:00〜14:00
    講 演 「函館市と道南の縄文遺跡」
    講 師 福田 裕二氏(函館市教育委員会生涯学習部文化財課主査)

さらに、10月4日には青森県・三内丸山遺跡の「さんまるくん」も登場します!

2.世界遺産登録推進フォーラム2014函館
10月5日にロワジールホテル函館で世界遺産登録推進フォーラムが開催されます。
津軽海峡圏の縄文文化の特徴や、当時の人々の様々な交流のようすを各分野の専門家とともにめぐります。

  • と き 2014年10月5日(日)13:00〜16:00
  • ところ ロワジールホテル函館(函館市若松町14-10)
  • 基調講演
    「津軽海峡圏の縄文はここがスゴイ!」
    講師 岡村 道雄氏(元文化庁主任文化財調査官)
  • 事例発表
    テーマ「津軽海峡をめぐる縄文時代の交流」
    ・「森町鷲ノ木遺跡からみた津軽海峡圏の環状列石について」
    高橋 毅氏(森町教育委員会社会教育課主任)
    ・「函館市内の遺跡からみた交流」
    阿部 千春氏(函館市縄文文化交流センター館長)
    ・「青森県三内丸山遺跡からみた交流」
    小笠原 雅行氏(青森県教育庁文化財保護課文化財保護主幹)
  • 縄文遺跡群ミニ博物館(同日12:00から開場)
    会場内特設ブースにて各市町の出土品の展示・解説を行ないます。
  • 入場料
    無料
    ※お申し込みは不要です。直接会場までおこしください。
  • 札幌からこちらの縄文フォーラムに参加するバスツアーもございます。
    津軽海峡の縄文文化を学び国宝を見る旅」(株式会社シィービーツアーズ)
    お申し込み・お問い合わせはこちらまで
    株式会社シィービーツアーズ
    Tel:011-221-0912

○北の所紋パネル展・縄文フォーラムのお問い合わせ
北海道環境生活部くらし安全局文化・スポーツ課縄文世界遺産推進室
Tel:011-204-5168

詳細は縄文世界遺産推進室のサイトをご覧下さい。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/bns/jomon/northjomonforum2014.htm

Trackback URL

コメントをどうぞ