イベント情報

【縄文雪まつり】北の縄文世界展・北の縄文セミナー開催のお知らせ

1月~2月にわたる縄文雪まつりですが、2月は北海道庁赤れんが庁舎にて北の縄文世界展と2回のセミナーを開催、 縄文の最大の魅力でもある 「土器」や「土偶」のナゾに迫ります!

会 場:北海道庁赤れんが庁舎 2階1号会議室
(札幌市中央区北3条西6丁目 Tel:011-231-4111)
入場料:無料
※お申込は不要です。直接会場にお越しください。

縄文雪まつり(2月)

PDFダウンロード>>>縄文雪まつり(2月)5.5MB

『はじめての土偶』+赤れんが北の縄文世界展

2015年2月7日(土)~11日(水・祝) 8:45~18:00
写真家・小川忠博さんの作品や縄文遺跡群紹介のパネル展示、
また北海道、青森県、秋田県、岩手県で出土した土偶や、新潟県の火焔型土器などの出土品(レプリカ)を展示します。

北の縄文セミナー@赤れんが庁舎(道民カレッジ連携講座)

2015年2月7日(土) ①13:00~ ②14:30~
テーマ:「ところかわれば土偶もかわる~遮光器土偶、北海道への旅~」
講 師:八木 勝枝さん(岩手県立博物館 専門学芸員)
テーマ:「縄文時代中期の華 火焔型土器」
講 師:菅沼 亘さん(十日町博物館 主査 学芸員)

2015年2月8日(日) 13:00~
テーマ:「土偶ってこんなに面白い!!『はじめての土偶』から」
講 師:譽田 亜紀子さん(フリーライター)
:長沼 孝さん(北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課長)

2月7日・8日ともに
縄文太鼓演奏
茂呂 剛伸さん(ジャンベ・縄文太鼓演奏家)

☆縄文グッズプレゼント☆ 1月・2月の北の縄文セミナー合計4回 (紀伊國屋書店、赤れんが各2回ずつ)すべてご参加の方に 素敵な縄文グッズをプレゼントいたします!
参加カードを忘れずにお持ちください。

お問い合わせ

北の縄文道民会議事務局(株式会社シィービーツアーズ内)
Tel:011-221-1122

【縄文雪まつり】縄文人の暮らしについて考えてみませんか?

2015年1月と2月に全4回の北の縄文セミナーが行なわれる縄文雪まつりが開催されます!
1月は紀伊國屋書店札幌本店にて、縄文時代の人々の暮らしについて考えます。
この機会に縄文時代の生活を家族みんなで楽しく考えてみませんか?

北の縄文セミナー@紀伊國屋書店(道民カレッジ連携講座)

会 場:紀伊國屋書店札幌本店
sapporo55ビル 1階インナーガーデン
(札幌市中央区北5条西5丁目7 TEL:011-231-2131)

入場料:無料
※お申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

縄文雪まつり 1月チラシチラシのダウンロードはこちら>>>
縄文雪まつり(1月)/縄文雪まつり(2月)

セミナースケジュール

● 2015年1月10日(土) 13:00〜
テーマ:「縄文の家族を考える」
講 師:西脇 対名夫 氏
(北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課 主幹)

● 2015年1月24日(土) 13:00〜
テーマ
:「クイズ縄文ゼミナール —縄文人の衣食住—」
講 師
:藤原 秀樹 氏
(北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課 主査)

●1月10日・24日ともに
縄文太鼓演奏
茂呂 剛伸 氏(ジャンベ・縄文太鼓演奏家)

☆縄文グッズプレゼント☆
1月・2月の北の縄文セミナー合計4回(紀伊國屋書店、赤れんが各2回ずつ)すべてご参加の方に素敵な縄文グッズをプレゼントいたします!

お問い合せ

北の縄文道民会議事務局(株式会社シィービーツアーズ内)
Tel:011-221-1122

11月2日(日)「北の縄文世界」今年最後のツアーです!

北の縄文道民会議と株式会社シィービーツアーズで共同開催している縄文ツアーですが、11月2日(日)が今年最後の開催となります。

テーマは「北の縄文 北黄金貝塚とアイヌ文化を学ぶ」。
アイヌ民族に関する北海道最大の展示施設である白老アイヌ民族博物館、噴火湾最大の規模を誇る北黄金貝塚、当時の生活様子がよく分かる入江高砂貝塚をめぐります。文化の秋に、北の縄文世界を体験してみませんか?

まだお申込みいただいていない方は、この機会にぜひご参加ください!


「北の縄文 北黄金貝塚とアイヌ文化を学ぶ」

  • 出発日 11月2日(日)  日帰り旅行です
  • 募集人員 30名
  • 最小催行人員 18名
  • 食事 昼食1回
  • 旅行代金 大人お一人様 6,800円

==================日程==================
【集合】 各中央バスターミナル待合室(出発の15分前)

小樽(7:30)==麻生(8:20)==札幌(8:40)==高速道路=
=白老アイヌ民族博物館(10:20~11:20)=
=昼食<伊達市>(12:10~13:00)=
=北黄金貝塚(13:10~14:20)==入江高砂貝塚(14:50~15:30)=
=高速道路==札幌(17:40頃)==麻生(18:00頃)==小樽(18:50頃)

========================================
※見学先の都合や交通事情等により、行程が変更となる場合がございます。

ツアーパンフレットPDFはこちら>>>(表面(400KB) /中面(3MB)

株式会社シィービーツアーズHPでも紹介しています
http://www.cb-tours.com/programs/y0a104-2.html


お申込み・お問合せはこちらまで
株式会社シィービーツアーズ
・予約センター TEL.011-221-0912
・本社 TEL.011-221-1122
http://www.cb-tours.com/


全国どぐキャラ総選挙2014 開催

10月9日は10を「ど」、9を「ぐう」とかけて、土偶や縄文文化に親しむための日、また、9月・10月を「土偶/縄文の文化推進月間」として、任意団体「土偶の日運営委員会」が記念としてイベントを開催しています。

全国どぐキャラ総選挙2014

日本各地に点在する「土偶系キャラクター」のキャラクター投票が行なわれています。
北は北海道から南は高知県まで22の個性豊かな「どぐキャラ」が参加しています。

北海道からは

・ドグー(旭川博物館)
・どぐう館長(函館市縄文文化交流センター)
・茅空(南茅部高校)

上記3体のキャラクターがエントリーをしています。

投票期間は2014年10月9日21:00まで。
投票は一人一票となっております。
皆様のご参加をお待ちしております!

・全国どぐキャラ総選挙2014公式サイト
http://dogupota.net/dogunohi2014/dogusen2014/

・土偶の日2014公式サイト
http://dogupota.net/dogunohi2014/

10月4日 第一回『縄文大好き集まれ!』2014 開催のお知らせ

10月4日(土)に手鼓太伸世流主催・第一回『縄文大好き集まれ!』2014が開催されます。

e3808ce7b884e69687e5a4a7e5a5bde3818de99b86e3828cefbc81e3808d
PDFダウンロード>>>(縄文大好き集まれ!(578KB)

手鼓 太伸世流宗家・茂呂剛伸氏と、京都から中村 大 氏(なかむら おおき・立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)をお招きし、「縄文が大好き!」な方が集い自由に語り合う第一部と、第二部は縄文太鼓の音色に触れるステージです。

  • と き
    2014年10月4日(土) 13:00〜17:00(開場は12:30から)
  • ところ
    現代芸術gallery CAI02
    (札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル地下2階)
  • 会 費
    2,500
  • お問い合わせ
    手鼓 太伸世流
    メールアドレス:shuco.pdc@gmail.com

皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

10月1日〜「津軽海峡をめぐる縄文文化」開催のお知らせ(函館市)

10月1日から5日までの間、北海道・北東北の縄文遺跡群 世界遺産登録推進フォーラム「津軽海峡をめぐる縄文文化」が函館市で開催されます。

hakodate_jomon_omote image-1

PDFダウンロード>>>(表面(1MB)/裏面(725KB)

1.北の縄文パネル展2014秋・函館
10月1日から4日までの4日間函館ショッピングセンターポールスターにて「北の縄文パネル展」が開催されます。

  • と き 2014年10月1日(水)〜4日(土)10:00〜21:00
  • ところ 函館ショッピングセンター ポールスター(函館市港町1丁目2-1)
  • 内 容
    世界遺産登録をめざす「北海道・北東北の縄文遺跡群」の解説パネルを展示します。
    最終日の10月4日には北の縄文クイズコーナーと、北の縄文セミナーを開催予定です。
    ○北の縄文セミナー(道民カレッジ連携講座)
    と き 2014年10月4日 13:00〜14:00
    講 演 「函館市と道南の縄文遺跡」
    講 師 福田 裕二氏(函館市教育委員会生涯学習部文化財課主査)

さらに、10月4日には青森県・三内丸山遺跡の「さんまるくん」も登場します!

2.世界遺産登録推進フォーラム2014函館
10月5日にロワジールホテル函館で世界遺産登録推進フォーラムが開催されます。
津軽海峡圏の縄文文化の特徴や、当時の人々の様々な交流のようすを各分野の専門家とともにめぐります。

  • と き 2014年10月5日(日)13:00〜16:00
  • ところ ロワジールホテル函館(函館市若松町14-10)
  • 基調講演
    「津軽海峡圏の縄文はここがスゴイ!」
    講師 岡村 道雄氏(元文化庁主任文化財調査官)
  • 事例発表
    テーマ「津軽海峡をめぐる縄文時代の交流」
    ・「森町鷲ノ木遺跡からみた津軽海峡圏の環状列石について」
    高橋 毅氏(森町教育委員会社会教育課主任)
    ・「函館市内の遺跡からみた交流」
    阿部 千春氏(函館市縄文文化交流センター館長)
    ・「青森県三内丸山遺跡からみた交流」
    小笠原 雅行氏(青森県教育庁文化財保護課文化財保護主幹)
  • 縄文遺跡群ミニ博物館(同日12:00から開場)
    会場内特設ブースにて各市町の出土品の展示・解説を行ないます。
  • 入場料
    無料
    ※お申し込みは不要です。直接会場までおこしください。
  • 札幌からこちらの縄文フォーラムに参加するバスツアーもございます。
    津軽海峡の縄文文化を学び国宝を見る旅」(株式会社シィービーツアーズ)
    お申し込み・お問い合わせはこちらまで
    株式会社シィービーツアーズ
    Tel:011-221-0912

○北の所紋パネル展・縄文フォーラムのお問い合わせ
北海道環境生活部くらし安全局文化・スポーツ課縄文世界遺産推進室
Tel:011-204-5168

詳細は縄文世界遺産推進室のサイトをご覧下さい。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/bns/jomon/northjomonforum2014.htm

8月30日(土)おたる縄文の集いが開催されます。

8月30日(土)「おたる縄文の集い 縄文の知恵を21世紀へ」が開催されます。

北海道に息づく新しい「縄文の心」を多彩なジャンルのアーティストが集いダイナミックに表現します。
同時開催の野焼き縄文土器展は8月30日〜翌31日までご覧いただけます。

otaru_jomon_chirashi_a4_omote otaru_jomon_chirashi_a4_ura

→PDFダウンロード(表面(2.1MB)/裏面(3.6MB))

  • と き
    【ステージ】2014年8月30日 14:00〜16:00
    【野焼き縄文土器展】2014年8月30日 10:00〜翌31日 16:00
  • ところ
    小樽市観光物産プラザ 多目的ギャラリー(小樽市色内2丁目1-20)
  • 出演者
    ・基調講演
    「土偶と土面が語る縄文の世界」
    講師 長沼 孝 氏
    (北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課長)
    ・講演・映像・詩
    「縄文芸術の昔、今、未来」
    講師 原子 修 氏
    (詩人、札幌大学名誉教授、JAM(縄文芸術家集団)代表、おたる縄文の集いの会代表)
    ・縄文琴演奏 曽山 良一 氏
    ・縄文太鼓演奏 茂呂剛伸 氏
    ・縄文ホルン演奏 和田公平 氏
    アイヌ民俗の歌 澤井アク 氏
    ・アイヌ民族の口琴 石井 ポンペ 氏
    ・野焼き縄文土器について 前田 隆護 氏

    当日のプログラムはこちら>>>おたる縄文の集いステージプログラム

  • 入場料
    無料
    ※お申し込みは不要です。直接会場へおこしください。
  • お問い合わせ
    北の縄文道民会議事務局(株式会社シィービーツアーズ内)
    電話:011-221-1122

未来へとつづく縄文のメッセージをぜひ、目と耳と心で体感してください。

7月13日(日) 2014北の縄文フォーラムが開催されます。

7月13日(日) 2014北の縄文フォーラムが開催されます。

jomon_forum_a4chrashi_omote_urushi_ol 1mb_jomon_forum_a4chrashi_ura_ol1pdf

→PDFダウンロード(表面 1.4MB裏面 1MB

今回の縄文フォーラムのテーマは
「世界遺産の現状と世界遺産としての縄文の価値」
世界遺産登録をめざして、私たちが考えること、これからなすべきことをさまざまな角度から話し合い縄文の価値を探ります。

基調講演は内閣官房参与・木曽 功氏。
世界遺産の現状についてユネスコ全権大使として担当された富士山・平泉登録時の現状などを交えてお話しいただきます。

パネルディスカッションのコーディネーターは、
北海道開拓記念館館長・石森 秀三氏。
遺跡の紹介や、世界遺産としての縄文の価値のほか、
世界遺産に登録に向けて地域が取り組むべきこと、
その戦略などについてディスカッションを行ないます。

●と き 2014年7月13日(日) 13:00〜16:00(開場12:30)
●ところ ホテルポールスター札幌(札幌市中央区北4条西6丁目)2階 ポールスターホール
●基調講演
「世界遺産の現状について」
講 師 木曽 功 氏 (内閣官房参与)

●パネルディスカッション
【テーマ】
「世界遺産としての縄文の価値」

コーディネーター
石森 秀三氏(北海道開拓記念館館長)

助言者
木曽 功氏(内閣官房参与)

パネラー
西山 徳明氏(北海道大学観光高等研究センター長)
阿部 千春氏(函館市縄文文化交流センター館長)
高橋 理氏(千歳市埋蔵文化財センター長)

●入場料 無料
※お申し込みは不要です。直接会場までおこしください。

詳細は縄文世界遺産推進室のサイトをご覧下さい。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/bns/jomon/northjomonforum2014.htm

6月25日(水)〜27日(金) 北の縄文×片桐仁 縄文4部作コラボ展が開催されます。

6月25日(水)から「北の縄文×片桐仁 縄文4部作コラボ展」が3日間、開催されます。

北の縄文文化を深く知るパネル展、連日開催の縄文セミナーと、
さまざまに活躍を続ける片桐仁氏の「縄文4部作」を展示する初めてのコラボレーション企画展です。

●と き 2014年6月25日(水)〜27日(金) 11時〜19時
●ところ 札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)
     北4条イベントスペース(地下鉄さっぽろ駅側入口横)

chikaho_chirashi_a4_omote_ol chikaho_chirashi_a4_ura_ol1

→PDFダウンロード(表面 2.5MB裏面 2.6MB

●展 示
パネル展示
 世界遺産を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」
 2013年度おしま&いぶり「北の縄文」魅力発信コンクール受賞作品巡回展
出土品展示(レプリカ)
 国宝 中空土偶(北海道著保内野遺跡出土)
 国宝 合掌土偶(青森県風張1遺跡出土)
 重要文化財 遮光器土偶(青森県亀ヶ岡石器時代遺跡出土)
 重要文化財 大型板状土偶(青森県三内丸山遺跡出土)
 札幌市指定有形文化財 札幌市N30遺跡土偶(札幌市N30遺跡出土)
片桐仁作品展示「縄文4部作」
 「超カニ喰う土偶」
 「合掌土偶2」
 「ペットボ土偶」
 「便十土偶」

また、イベント開催中、専門の講師陣による連続セミナーを開催します。
●セミナー日程
 テーマ 「土偶が語る縄文文化」

 日 時 6月25日(水) 18:00〜19:00
 講 師 長沼 孝 氏
    (北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課長)

 テーマ 「札幌市の縄文遺跡」
 日 時 6月26日(木) 12:00〜12:50
 講 師 藤井 誠二 氏
    (札幌市観光文化局文化部文化財課埋蔵文化財普及啓発担当係長)

 テーマ 「クイズ 縄文ゼミナール」
 日 時 6月27日(金) 12:00〜12:50
 講 師 藤原 秀樹 氏
    (北海道教育庁生涯学習推進局文化財・博物館課主査)

入場料・お申し込みは不要です。
この機会に縄文文化をマスターしてはいかがでしょうか。

●お問い合わせ
北の縄文道民会議事務局(株式会社シィービーツアーズ内)
電話:011-221-1122

3月8日(土)北の縄文文化を発信する会講演会と総会のご案内

下記日程で北の縄文文化を発信する会の講演会と平成25年度総会を開催します。

●と き 2014年3月8日(土) 15:30〜17:00

●ところ 道庁赤レンガ庁舎 2階 1号会議室(札幌市中央区北3条西6丁目)

●日 程  
      (1)開会あいさつ(15:30~15:35)

      (2)講  演【北海道との共催】(15:35~16:35)
         講師 石森 秀三 氏(北海道開拓記念館館長)
         演題 「文化活動の西高東低は本当か?」
           -世界遺産登録運動と北海道博物館開設―

      (3)発信する会平成25年度活動報告(16:45~17:00)

●講師プロフィール
 石森秀三(いしもり しゅうぞう) 北の縄文文化を発信する会代表幹事
  ・京都大学人文科学研究所研究員(1971)
  ・国立民族学博物館第四研究部教授(1996)
  ・国立民族学博物館文化資源研究センターセンター長(2004)
  ・国立民族学博物館名誉教授(2006)
  ・北海道大学観光学高等研究センター教授(2006)
  ・北海道開拓記念館館長(2013)

講演会のチラシはこちらからご覧いただけます。
北の縄文文化を発信する会 講演会チラシ

◎参加をご希望の方は下記まで、お名前、ご連絡先を記入し、ご連絡ください。
FAX 011-271-2055
email jimukyoku@jomon-heritage.org

会員以外の方も自由に参加できますので、ぜひこぞってご参集ください。