推薦図書

<<一覧へ戻る

北の縄文連続講座・記録集「縄文人はどこからきたか?」好評発売中!!

縄文人はどこからきたか?「北の縄文連続講座」を一冊にまとめた『縄文人はどこからきたか』が、北の縄文文化を発信する会から、いよいよ発刊されました。
本書には、2010年に行われた連続講座の記録と2010年総会における国立科学博物館・篠田謙一先生の記念講演が収められています。
北の縄文の謎に迫るエキサイティングなお話を、ぜひ本書でも体験してください。


北の縄文文化の謎に迫る!
「縄文人はどこからきたか? 」北の縄文連続講座・記録集

編・刊:北の縄文文化を発信する会

  • 定価:本体1,000円(税込)
  • B6判/160ページ
  • ISBN978-4-902806-03-8

本書の発行は非営利事業として行われ、売り上げは「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の世界文化遺産登録に向けた活動に使われます。

内容紹介

1万年もの間、自然と共生し、戦争や収奪のない、狩猟採集の文化を維持してきた世界でも希有な縄文文化。 「その縄文人は、どこからきたのだろう?」 縄文文化を知ると、こんな疑問がわいてきます。本書は、そのような疑問に、国立科学博物館・篠田謙一氏をはじめ、DNA、骨、人類学、考古学、等々の研究者が迫った、「北の縄文講座-縄文人はどこから来たか」の内容を一冊にまとめた報告集です。 現在、世界遺産登録が進められる縄文遺跡ですが、世界的に注目される「縄文のこころ」にぜひ本書でふれてください。

目次

  • 縄文人はどこからきたか―DNA研究で見えてきた日本人の成り立ち
    …………………国立科学博物館人類研究部 篠田謙一
  • ヒトの骨からわかること
    …………………日本大学松戸歯学部専任講師 五十嵐由里子
  • 東南アジア人類史からみえてくる「縄文人の起源」
    …………………札幌医科大学医学部解剖学第二講座准教授 松村博文
  • 縄文時代のはじまりと北東アジア
    …………………北海道大学埋蔵文化財調査室助教 高倉 純
  • 白滝遺跡群からみた北海道の縄文時代前夜
    …………………北海道埋蔵文化財センター 坂本尚史
  • 土偶のワキはなぜ甘い―土偶に知る縄文の精神性
    …………………伊達市噴火湾文化研究所所長 大島直行

注文方法

本書は、発売元である(株)インテリジェント・リンクのフリーダイヤル・FAX・webサイトの申込用フォームからお申し込みできます。送料・振り込み手数料は無料です。

  • フリーダイヤルからのお申し込み:0120-892-046
  • FAXからのお申し込み: 011-271-2055
  • ホームページからのお申し込み http://ilk.co.jp/

このほか、Amazonからもお申し込みできます。

詳しくはインテリジェント・リンクのサイトへ


Trackback URL

コメントをどうぞ